抗精神病剤の作用機序はドーパミンなしでは語れない!

抗精神病剤は、風邪薬などのように総合的に作用するというものではなくて、どちらかというとターゲットを絞って治療を行うというタイプの薬です。
そのため、限られた症状に対して使用することが多く、また作業機序ではドーパミンが外せない存在となります。
そんな抗精神病剤の働きにはどのようなものがあるのでしょうか。

抗精神病剤の作用機序について

抗精神病剤の作業機序で外せない存在なのがドーパミンです。
ドーパミンは普段の生活の中で、快感を得たときなどに分泌される脳内の神経伝達物質で、このドーパミンが何らかのストレスや病気によって過剰に分泌されるようになると、幻覚や幻聴が出たり、妄想と現実社会の境目がわからなくなることもあります。

その状態を治療するのが抗精神病剤で、簡単に言えば、過剰に分泌されているドーパミンを抑制したり、時には分泌自体をブロックしてしまい、神経伝達の流れそのものを止めることがあります。

場合によってはドーパミンだけではなくて、セロトニンにも作用するものもあり、症状や状態によって使い分けることもあります。

使い分けるといっても現状ではほとんどが第二世代と呼ばれている非定型の薬たちを使うということで、比較的脳内のターゲットを絞り込んで、ピンポイントで作用することができるようになっている働きを利用したものが多いです。

治療したい病気の根源に対して効果的にピンポイントで作用するので、高い効果が得られると期待されているものです。

抗精神病剤の効き目について

抗精神病剤の効き目、それはどんどん的確に作用するように進化していて、その分副作用なども軽減されてきている傾向があると言えます。
新しく開発されるほど副作用は少なくなり、効き目はピンポイントになってきています。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ