「2017年3月」の記事一覧

抗精神病剤の作用機序はドーパミンなしでは語れない!

抗精神病剤は、風邪薬などのように総合的に作用するというものではなくて、どちらかというとターゲットを絞って治療を行うというタイプの薬です。 そのため、限られた症状に対して使用することが多く、また作業機序ではドーパミンが外せ・・・

抗精神病剤はさまざまな剤形があるからドクターと相談して決めよう

抗精神病剤は、人体に使用するときに、いくつかの剤形があります。 通常、薬は錠剤や注射などのように、その薬の特徴や特性を生かしつつ、有効性のあるスタイルのままで投与されることが多いですが、抗精神病剤の場合はどのようなものが・・・

抗精神病剤が処方されるのはどんなケースでしょうか?

抗精神病剤はさまざまな病気に対して使われるような薬ではなくて、特定の病気に対してだけ使用される薬です。 簡単に言えば、総合感冒薬のように、風邪全般に処方しますよ、といった薬ではありません。 では抗精神病剤は、どのような病・・・

抗精神病剤の副作用の種類と、個人差によって異なる点について

抗精神病剤は、脳の神経伝達物質の1つドーパミンの過剰分泌によって引き起こされる、または病気の代表的な症状にドーパミンの過剰が認められるというときに、処方される薬です。 しかし、脳に直接作用するものなので、その副作用はどう・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ